ハワイビショップミュージアムのまわり方

こんにちは。れあれあママです。

こんにちは。れあれあママです。

今回は、ハワイにある博物館、ビショップミュージアムについてご紹介します。


◆ビショップミュージアムご注意ポイント

  • 帰りのバス、トロリー便をチェックしておく
  • 意外と広くて暑いので、水分は必ず持参する
  • チケット購入時、プラネタリウムのチケットも購入しておく
  • 意外と広いので、どこを見るか決めておく
  • プラネタリウムは上映時間と内容が1日の中で違う
  • 自分の携帯に日本語案内のQRコードを読み込む

◆2019年ビショップミュージアムへ行く

HISのレアレアトロリーを使って家族4人でビショップミュージアムに行きました。


◆ビショップミュージアム外観

ビショップミュージアムの正面です。

レアレアトロリーのバス停を降りてスロープを上がったすぐのところです。

バス停を降りたら入り口に直行したい気持ちを抑えて帰りの時間もかならずチェックしておきましょう。

バスを1本乗り過ごすと結構、時間が空いてしまいます。

最終トロリー時間も要チェックです。

貴重なハワイ滞在時間を効率よく過ごしましょう。

子ども連れならなおさら子ども達が飽きないようにぐずらないように。。。しっかり計画していきましょう!


◆ビショップミュージアムの入り口

シンプルな入り口です。混んでいません。


◆チケット売り場

入り口に料金が書いてあります。


◆ビショップミュージアム看板


◆QRコードで案内所

入り口、チケット売場、展示場にも説明がありますが、自分のスマホで展示品の日本語案内が聞けます。

まず、自分のスマホで、ビショップミュージアム案内表示のQRコードを読み込み、ダウンロードします。

あとは、簡単です。自分達がみたい展示品の場所に行き、スマホ画面に表示される番号をクリックして下さい。日本語のガイドが聞けます。

電波によっては、案内が上手く聞けないこともありました。。。子ども達は、自分の見たい場所に行き、私のスマホで日本音声を聞きながら歩きまわっていました。

展示品の説明英語は専門用語が多過ぎてさっぱり分かりませんでした( ・∇・)日本語ガイドは、大変助かりました!!!! 


◆ビショップミュージアム入館

いよいよ、入館です。

たくさんの展示品がありました。

こちらの写真は息子が撮影してくれました。⬇️

ピンぼけしていてすみません。

このような展示品、多数あります。

先程お伝えしたQRコードの案内あります。

QRコードが付いている展示物を全部聞いていると時間がなくなりますので見たいものだけをサクサクと聞いて行きましょう!


◆ビショップミュージアム館内様子

天井から

サメが!!!!!!!!!!

写真ではわかりづらいですが

とってもとっても

大きいです!!!!!!!

しかも、リアルです。

ぶら下がって

迫力があります!!


◆息子が撮影したサメ


◆またサメ


◆またまたサメ

サメの反対側です。

お腹の中の様子が間近でよくわかります。

ほね、ほね、ほねで、かなりリアルです。


◆サメお腹アップ

サメのお腹、アップです(°▽°)

リアル過ぎて、ちょっと、気持ち悪いです(°▽°)


◆ビショップミュージアムの館内

館内全体の様子です。

重厚感があり素敵です。

ただ。。。

階段を上がるたびに

ミシミシときしむ音がなります。

心配性なれあれあパパ。

サメが落ちてこないか

かなり警戒していました(゚∀゚)

サメも

揺れているような

気がするんですよね。。。


◆発掘の様子

発掘歴史コーナー! 

恐竜好きの息子は、

興味しんしんでした!!!

将来の夢

恐竜学者♡


◆船模型

映画『モアナと伝説の海』

リアルバージョンです。

色々な船の形があり

勉強になります。


◆お土産売場

こちらの写真は、お土産売り場です。

チケット売り場そばのお土産売り場です。

入り口入ってすぐの所にあり

子ども達がほしがりそうな

本やフィギア、Tシャツが売ってあります。

あの手、この手で

ほしいアピールをしてくる息子。

母は買いません(°▽°)

飲み物も売っていますが

結構お値段お高めです。

お出かけのときは

マイバッグにマイボトルを持参しましょうね。

とくに、物価の高いハワイでは^_^


◆ビショップミュージアム内レストラン

小さいですが、レストランもありました。

メニューをざっと見ましたが

あまり惹かれるお料理がありませんでした。

お昼をずらして食べることにしました。

軽食を持参するか、お昼をずらして訪問することをおすすめします。


◆ビショップミュージアム内にプラネタリウムがある

プラネタリウムはビショップミュージック観賞料金とは別料金です。

ビショップミュージアムのチケット料金に追加料金を払うと観賞できます。

プラネタリウムの鑑賞の時間が合い興味がある方は、チケット売り場でプラネタリウム分のチケットも先に買っておくと良いです。

後からも購入は可能ですが、後から買おうと思っても人気の会は満席になっているかもしれません。


◆プラネタリウムの外観


◆プラネタリウムについて注意点

  • チケット購入時にプラネタリウムの事前予約を(別料金)おすすめ
  • 赤ちゃん、小さい子ども連れはおすすめできない
  • 鑑賞時、騒がない配慮をする
  • プラネタリウムの最寄りトイレは地下1階、まあまあきれいだが、せまくて暗い
  • 帰りのバスの時間を要チェック
  • お土産は先に見ておく、買っておく
  • あらかじめ水分持参する

◆プラネタリウム鑑賞室

プラネタリウム鑑賞室は、チケット売り場のすぐの所にあります。

しかし、プラネタリウム用の扉の中にあるので、分からない時はチケット売り場の方に聞いてみて下さいね。

プラネタリウムの開催時間はチケット売り場横で確認できます。

自分達が興味があるステージを事前に確認し、家族とビショップミュージアムの滞在時間、帰りのバスの時間を確認してからチケットを購入することをおすすめします。

プラネタリウムの代金を支払いましたら、番号札を渡されますので、プラネタリウム開催時間まで無くさないように持っておきましょう。


◆プラネタリウムの待合室

プラネタリウム入り口の待合室です。地球が回っています。

地球がリアルに作られていて感動します。日本は地球の中では本当に本当に小さい島国です。ハワイはもっともっと小さいですね。だけど日本もハワイも魅力的な場所です。子ども達は必死で日本を探していました^_^


◆宇宙飛行士

現在宇宙旅行はまだ一部の富裕層に限られます楽に安全に格安で行けるのであれば行ってみたいですがいつになるでしょうか。子ども達の孫の代かその次か。。。重力やら磁力やら引力やら難しいことが書いてありますが。。。⬇️⬇️


◆宇宙に関するゲームをしている

ゲーム感覚で遊んでいる子どもたち。楽しいことはお国が違っても子どもたちが興味を示すものです。夢中で遊んでいます^_きちんと順番に並んでいてえらいです。


◆プラネタリウム内

プラネタリウム内です。かなり、レトロ感があります。プラネタリウム内は暗くて撮影禁止のため画像はありません(°▽°)れあれあパパ曰く実際の元宇宙飛行士がこちらの館長??プラネタリウムのナレーションだったようです。プログラム内容は星座やら宇宙やら人類の歴史やらのオールイングリッシュでしたが、一番理解していたのは間違いなく娘でしょう!


◆英語が分からなくても

英語が分からなくても映像を見ているだけでも楽しいです。しかし!!ちょうど良い暗さと室温で息子とれあれあパパすぐに寝てしまっていました(*゚∀゚*)おい、おい。。。上映中は静かで真剣な方たちも多いので赤ちゃん連れ騒ぐ小さいお子様はおすすめできません。。。

終わったあと星座に興味のあるアメリカ人の男の子が館長さんに質問に行っていました。

こちらのチラシを頂いておりましたので我が家も便乗して頂きました^_^⬇️⬇️

星座を知っていると英語のナレーションでもより理解できるようです^_^娘が言っておりました。日本語でもよく分からないれあれあママ(°▽°)


◆まとめ

ビショップミュージアムはワイキキエリアからは少し離れています。みなさんの大好きなハワイについて歴史の側面から一度キチンと学ぶにはとてもよい場所で、おすすめです。お時間を作られてリゾートのアクティビティの合間に是非お立ち寄り下さい。

こちらもよろしくお願いします♡♡♡

コメントを残す