【天国の海】サンドバー体験

こんにちは。れあれあママです。今回は、サンドバーについてお話します。


◆サンドバーって?

そもそもサンドバーとは何かについてご紹介したいと思います。

まずは場所からです。

オアフ島北東部にあるカネオヘ湾に位置してます。

長嶋一茂さんや有吉さんなどテレビや雑誌などでも取り上げられることの多いサンドバーです。

サンドバーとはいったいどんなものなのかご存知ですか??

サンドバー(sandbar)は砂州(さす)という意味です。

海は一定の感覚で干満を繰り返しているので高さの変化があるという特徴があります。

干潮時に海の水面が一番低くなると海の真ん中に小さな浅瀬ができることがあります。

これが「サンドバー」と呼ばれているものの正体です。

あまりの美しさに別名天使の海や天国の海とも呼ばれています!


◆サンドバーの様子

VIPツアーより

実は日本でも沖縄の離島で見られるケースがあります。

またこの浅瀬の砂浜は厳密には砂ではないんです!!

サンゴ礁が細かくなった破片でできている!!!!

と、最近知りました。。。

つまり長い年月をかけて隆起したサンゴ礁が細かくなり浅瀬に現れているのです。

こういったところもハワイの自然の力を体感できるポイントですね!!


◆サンドバーが『天使の海』と呼ばれるワケ?

実際にサンドバーに行った方々からまさに天使の海♡と絶賛の声が上がるほど綺麗な景色が広がっています。

サンドバーはウミガメや全米最大のサンゴ礁があることでも知られるスポットでもあるんです。

エメラルドグリーンに輝く海♡

青くどこまでも広がる空♡

真っ白のサンドバー♡

色のコントラストと澄み渡る風景が私たちを魅了してくれます。


◆サンドバーに行く方法

ワイキキから距離があるため旅行会社のオプショナルツアーをおすすめします。

サンドバーはカネオヘ湾沖から2kmほど離れた場所にあります。

多くの旅行会社は サンドバーに行くためのオプショナルツアーを提案しています。

そこでおすすめなのが以前ご紹介したVIPツアーのサンドバーツアーはいかがですか。


◆オプショナルツアー内容

VIPツアーより

◆オプショナルツアー時間

早朝もしくはお昼前にツアー会社の専用バンがワイキキの主要なホテルを回ってツアー客をお迎えします。


◆このような大きなバンでお迎え

各ホテルの乗客をピックアップしてカネオヘ湾へ向かいます。

湾到着後、船で沖合2kmのサンドバーまで運んでくれるので楽です!!

サンドバーエリアでのカヤックやシュノーケリングを楽しむ前に軽食やドリンクでお腹を少し満たすこともできます。

サンドバー付近に停泊する船の中でトイレも利用できます。

しかし、ツアー内容によってはお肉中心のガッツリメニューを食べてアクティビティへの英気を養うこともできるんですよ!!


◆ツアーご注意方ポイント

  • 乗り物酔いをされる方は出発1時間前に薬の服用をお勧めします。
  • 天候や諸事情により中止になる可能性あります。
  • セーフティボックスはありません。(ご自身で管理してください)
  • 水着は事前に着用して下さい。
  • ツアー実施前に免責同意書にサインが必要です。
  • 不慮の事故防止のため、身に着けている全ての貴金属をお外しください。
  • ツアーは現地にて免責同意書にサインした後、参加できます。 (日本語又は韓国語)

◆参加条件

  • シュノーケル: 7歳から
  • シーウォーカー: 12歳~65歳まで

◆参加できない方

  • 高血圧の方
  • 妊婦の方
  • 心臓の弱い方
  • 薬を服用されている方
  • 医師の治療を受けられている

◆透明の海

オプションツアー VELTAより


◆軽食付き


◆カヤック開始!!

食事の後は

いよいよ

カヤックやシュノーケリングの開始です。

まずはカヤックからはじめます。

サンドバー周辺の浅瀬で初体験の方は乗り方やパドル漕ぎ方などレッスンをしてもらえます。

初めての方慣れない方も安心して参加することができます。

子供たちは初めてということもあり中々うまくできませんでした。

しかし、スタッフの方のご指導のおかげでたった15分くらいで上手にこぐことができるようになったのです。

お子様も大丈夫です。


◆シュノーケリング開始

つぎはシュノーケリングです。

さまざまなお魚を見れるのはもちろんウミガメにも会えます♡

日によっては1日のうちに何十匹ものウミガメに出会えるというのです。

私たちも必ず1回はウミガメにお会いできてます!!

サンドバーを含むカネオヘ湾はアメリカの国内のなかでも珊瑚礁の数が多いスポットだそうです。

それゆえに  たくさんの魚やウミガメが集まってきます。

旅行の日程上どうしても潮の多い日にしかツアー参加できない場合でもスノーケリング付きのプランを選べば必ずウミガメやたくさんのお魚に会えます♡


◆寒さ対策もわすれずに・・・

気温が高いことは広く知られているハワイですがサンドバーのあるこの海沿い地域は

風が強いこともでも知られています。

濡れた身体で風があたると体温が急激に下がります。かなり寒く感じることが多いです。

サンドバーに行かれる際には簡単に着替えられる格好にして下さい。

さらにその上から厚手のパーカーやストールなどの上着があると安心です。

以前上着を忘れた主人がサンドバーから船で帰る途中に、身震いがとまらず大変そうでした。。。

マリンスポーツをする方でウェットスーツのトップスだけのものをお持ちの方はそちらをもっていくと便利です。

ラッシュガートは日焼け防止にもなります!

安全には充分に気をつけてお楽しみくださいね^_^




9件のコメント

  1. はじめまして

    旅行や観光で検索してブログランキングから辿り着きました。
    海外旅行は機会もなくいけないのですが、このサイトは見ているだけで楽しいですね。

    またお邪魔しに来ますね

    • 初めまして❗️ブログ たどり着いて頂いてありがとうございます😊そう言って頂いて非常にうれしいです😊ブログ 初めて2か月くらいなので、至らないことあると思いますが、abineelaさんの励みに頑張ります❗️これからも宜しくお願いします❗️

    • 明けましておめでとう御座います🎉今年も皆さまが少しでもほんわかできるような温かいブログを書いてきます。宜しくお願いします😊

  2. 謹賀新年🎍

    謹んで初春のお慶びを申し上げます。
    本年も何卒よろしくお願いいたします。

    はい!
    楽しみにしております!

コメントを残す