子どもの長時間フライト機内での過ごし方【小学生対策】

こんにちは。れあれあママです。

今回は、長時間フライトの機内における過ごし方についてご紹介します。

主に小学生くらいのお子様の過ごし方についてです。

◆機内子どもの過ごし方

子どもが大きくなり、小学生ともなると、自分自身で色々とできることが増えますよね。

自分自身でできることが増えることはとっても良いことで親もかなーり楽になるのですが

ときどき困ったちゃんもいます。。。

困ったちゃんの行動に対して、親自身が気がつかなかったり気がついてもスルーする場合もあります。。。

◆機内で気をつけること【小学生編】

◆機内トイレ使い方

機内トイレが空いたサイン

機内トイレのしめ方

機内トイレの流し方

機内トイレ並び方

最初はわからないことがたくさんあります。親が最初にきちんと教えてあげましょう。

トイレの割込みもマナー違反です。

トイレに行きたくなる前に、余裕をもって行かせましょう。

とくに、エレベーター着用サインが消えた直後、お食事を食べ終えた後が混みます。

シートベルト着用サインが出たら着用させなければなりません。

子どものタイプによっては、トイレが近いお子様もいらっしゃるかもしれません。

トイレが近いお子様は、最初から通路側の席を予約する場合をおすすめします。

◆機内シートベルト着用

シートベルト着用のサインが出ているときは、シートベルトを必ずさせましょう。

外したくなる気持ちは分かりますが。。外れすのに慣れてしまえば、すぐに外してしまいます。

我が家は基本ずっとシートベルトさせています。

小さい時から飛行機の中はシートベルトと言い聞かせているため、トイレ以外は着用しています。

なんでも最初の習慣が大事です。

特に体重の軽い幼児は、乱気流に入ると漫画みたいに天井まで飛ばされます。。。

本当に宙を舞います。

子どもと親自身の安全のために、シートベルトを必ずさせるようにしましょう。

車と同じ感覚です。

◆機内客室乗務員CA呼び出しボタンについて

緊急時に呼ぶ、呼び出しボタン。必要時に使いましょう。

ボタンを押し間違えること( ・∇・)

これは1回目などは分かりますが。。。

呼び出しボタンの隣に、呼び出しボタンの取り消しボタンもあります。

呼び出しボタンを面白がって????何度も押すお子さんがいました。。

親は離れたシートだったようです。

何度も呼び出しボタンを押す子どもたちに、シート担当CAさんは何度も呼び出され。。。

その度に子ども達に用事があるのか聞いていました。。

最初のうちは、CAさんがかけつけて、そのうちいらいらしながら。。。CAさんがかけつけるたびに、必要な時に押すボタンだと説明されていました。

しびれをきらしたCAさん、最後は

『私たちのキャプテンに言いつけますよ!!』とかなりお怒りでした。。。

その子どもたちにキャプテンという意味が通じたかな笑

CAさんは忙しい中、大変だなと思いました。


◆機内客室乗務員CA呼び出しボタン画像


◆人間のマークの呼び出し


◆女性マークの呼び出しボタン

そのお隣、赤印の斜線が取り消しボタン

間違えて押した時、呼びだしたサインを後から取り消しできます。

呼び出した時、座席上のランプが点灯する場合が多いです。

CAさんが、どこの座席のお客様が呼び出しているか一目で分かります。


◆機内で客室乗務員CAを呼び出す基準

緊急時➡️OK

居場所知らせる(緊急など)➡️OK

身動き取れない➡️OK

飲み物提供がない時間の飲み物オーダー➡️OK

シートベルト着用サイン出た後➡️NG

シートベルト着用サインが出たら、CAも着席しなければなりません。


◆夜フライトの場合

窓側日よけシェードの開け閉めとライトについて

寝ている方、仕事で疲れている方、時差調整されている方、具合の悪い方もいます。

赤ちゃんをようやく寝かしつけた方もいます。さまざまな条件の方が、狭い空間にいます。

機内はライトを消して暗くしています。

シェードを開けると、強い光が急に差込みます。シェードを何度も開けたり閉めたりライトを何度も付けたり消したりさせないようにしましょう。

たまに、そのような大人もいらっしゃいます。。。ね( ・∇・)


◆狭い空間で騒がせない

飛行機に乗る前に、子どもによくよく言い聞かせておきましょう

飛行機内は静かにすること!!!

シートベルトが必要なこと!!!

トイレはすぐに行けないこと!!!

耳が痛くなること!!!

子どもが小さくても、分からなくても

何度も何度も旅行に行く前に念仏のようにとなえ言い聞かせましょう。

当たり前のマナーです。

飛行機を降りたら、その分、自由にさせて上げましょう。


◆機内座席リクライニングについて

国際線の場合、しばらくすると食事提供サービスが始まります。

食事提供が始まるくらいには、座席のリクライニングは元の位置に戻しましょう。

座席リクライニングを目一杯倒していると、後ろのシートの方が狭くて食事ができません。

テーブルも広げられません。。。

特に、後ろが外国人の体の大きい方だとキツくて仕方がありません。


◆機内で子どもが体調悪いとき

子どもが乗り物酔いをした、お腹が痛い風邪っぽいなど子どもが体調が悪い場合は、早めに親が気がついて常備薬を飲ませましょう。

乗り物酔いしやすいタイプは普段の様子から分かりますよね。

我が家の子ども達も、小さいころは車でよく吐いていました。

今は大きくなり、乗り物酔いも落ちつきましたが、飛行機の中で吐かれると大惨事になります。

今は、予防的に、そして、わたくし自身の安心というなの保険のために酔い止めを飲ませています。

親自身が身動きがとれない

お薬のための水がほしい

吐いたなど。。。

CA呼び出しボタンを押して大丈夫です。

ためらわず、そういう時こそ、CA呼び出しボタンを押しましょう。

飛行機の中で吐いてるお子様、大人(´∀`)など

何度か見かけました。

緊急時は迷わず、呼び出しボタンを押して

CAさんにご相談して下さい。

親が座席を立ってCAを探しに子どもを一人にさせてしまうと、子どもはもちろん、周りにいる大人達も不安になりますので

ためらわず、ぜひ呼び出しボタンでお知らせ下さい!!


◆機内搭載医薬品・医療品について

JALホームページより


ANAホームページより

https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/share/assist/facility/service-onboard.html#anchor052


◆機内で子ども静かにさせる対策

◆機内静か対策その①

一番の対策は

タブレットです。

やはりタブレットは最強です。子ども1人に1台持たせています。

機内ではダウンロードできないため、必要なアプリ、映画、音楽は事前にダウンロードさせておきましょう。

wifi、イヤホン、充電器も、あればさらに快適です。


◆息子のマイタブレット

you tube、映画、ゲームなどなど

とにかく子どもが夢中になる動画で静かにさせましょう。

日系の飛行機は⬇️のような機内にモニターがついています。

最近はユナイテッド航空機など、もともとモニターがついていない飛行機もあります。

また、モニターが付いていても見られる映画が少なかったり、映画が見られていても日本語表記がない映画もあります。

我が家の子ども達は、ハワイまでの約8時間のフライトが短いと言います。。。

もっともっとyoutubeや映画を観たかったと( ・∇・)

フライト中だけは特別だよ!!!と、無制限に許可しています(゚∀゚)

見過ぎて寝不足にならないように、ころあいを見計らい寝るように促しています。

タブレットは、機内だけではなく、色々な待ち時間にも大活躍します。


◆機内静か対策その②

子どもの好きなお菓子やジュース与えることです。

我が家はあまりお菓子買わないのですが

フライト中は特別です。

子どもはやっぱりお菓子好きです。

こっそり用意して小出しにします。

もう一つポイントが!

サイズは小分けできる食べきりサイズで。

ポテトチップスなどの袋系のお菓子は気圧の関係で、ぱんぱんに膨らみます。

袋が爆発した経験はないのですが膨らんだ経験は何度かあります。

袋がぱんぱんに膨んで、びっくりしないように(゚∀゚)


◆機内静か対策その③

飛行機のコードが高くなると耳が痛くなりますよね。

小学生くらいになると耳が痛いと訴えます。赤ちゃんはくずったり泣いたりします。

子どもは耳の栓抜きができないことが多いようです。

耳の栓抜きには、あめを舐めさせたり、飲み物を飲ませたりすると落ちつく場合が多いです。

痛いときは、痛くなる前にぜひお試し下さいね。


◆機内静か対策その④

飛行機に乗る前寝かせない、昼寝をさせない。つまり飛行機の中では、ほとんど、もしくは、ずっと寝かせること。

そうすると、機内ではずっと寝ていて、静かに過ごせます。

時差対策にもなり、特に小さなお子様におすすめです。


◆機内静か対策その⑤

旅に慣れること!!

行きより帰り、1回目より2回目。

旅に慣れると機内マナーも分かりますね。

親もたくさんの経験値を積むと不安感が減ります。子どもも経験することで分かりますよね。


◆長時間フライト子ども対策まとめ

親が準備できること親が教えられることは

事前にしっかり準備しましょう。

皆さまの快適な空の旅のために♡


家族・子連れ旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村





4件のコメント

  1. こんばんは
    子供でも社会でのルールは守らなくてはね
    それが狭い機内では尚のことですね
    レアレアさんの所は、この様にお母様がキチンとしているので
    それともう旅慣れていることでしょうからね

    • 私自身が両親に礼儀とか振る舞い方は厳しく言われていて、大人になってありがたみを感じました。なので子どもたちには、話し、伝えてるつもりです。赤ちゃんの頃から国内外に旅行はしてるから慣れてるかもしれません😊

  2. 押し間違いは大人でもあります。子供なら当然ありそうです。8時間のフライトで短いと感じるのは余程フライトを楽しまれている証拠ですね。それだけの準備をご家族でされているからでしょうね。私は狭い機内で3時間以上は苦痛です(^_-)-☆

  3. 子どもたちが生後半年くらいの時に飛行機を乗せ始めたので、慣れてきたんでしょうか。私の新幹線に乗る感覚が、子どもたちは飛行機に乗ることなのかもしれませんね。狭い飛行機は私も苦手ですが、我慢してますよ♪

コメントを残す