【ハワイでの我が家の洗濯事情】ハワイの洗濯機を使う

こんにちは。れあれあママです。

今回はハワイでの我が家の洗濯事情、洗濯機の使い方についてご紹介します。

我が家の海外での洗濯事情

長期滞在型のコンドミニアムには洗濯機と乾燥機がついています。

短い滞在日数や大人のみの旅行の場合は

洗濯なし!!!もしくは手洗い!!!で間に合うかもしれません。

しかし、家族が増えると洗濯物も増えます。

とくに小さい子どもは大人以上にたくさん汗をかきたくさん食べこぼしいつ汚したか分からない汚れがあります。。。

滞在日数が増えれば増えるほど、滞在中に何回か洗濯機をまわさないといけません。

◆洗濯好きなわたくし

わたし自身は洗濯をするのが好きなので日本の自宅では毎日数回まわします。

バスタオルも1回使うと2回は使いたくないタイプなのでおのずと洗濯の回数も増えます。

しかしながら、我が家が宿泊するコンドミニアムはタオル交換有料、コインランドリー【洗濯機】使用は有料のため手洗いできるものはなるべく手洗いします。

使えるものは節約のためしぶしぶ何回か使って洗濯をします(°▽°)

遊んあとの水着の洗い方

ビーチで遊んだ後、水着を着たままなるべくビーチにそばにあるシャワーでしっかり砂を落とします。

その水着のままその足でホテルのプールでまたしっかり遊びます。

プール遊び終了後、ホテルのプールサイドにある水着で入れるジャグジーに入ってから部屋に戻るようにしています。

あったかくて気持ちいい♡

外人さんは熱いお湯苦手な方もいますね。。。

◆部屋に戻ったらやる作業

部屋に戻ったらバスタブ内で水着を脱ぐようにいい、バスタブ内でシャワーをさせます。

砂が部屋に上がらないようにバスタブ内で、わたしが手洗いします(^○^)

家族4人分!!!

毎日そんな繰り返しなので水着は基本的に洗剤を使いません。

しっかり落としたつもりも砂は結構ついてきますけどね。。。

◆水着は2枚以上で乾きやすいものがおすすめ

水着は1人2枚は持っています。

なぜか???

子どもたちは時間があれば、夜のプールも行くことがあります。

つまり毎日2回以上のプールがあるからです(^O^)

濡れた水着を着るのは気持ち悪いみたいです。。。

◆いよいよ洗濯機の登場

長期滞在型ホテルには、室内や洗濯ルームに洗濯機と乾燥機が置いてあります。

洗濯ルームの場合は、別途支払いが発生する場合が多いです。

◆洗濯の前に簡単英語表記

冷たい水(Cold

ぬるま湯(Warm

熱いお湯(Hot

デリケート(Delicate)

早い仕上げ(Quick

シワになりやすいもの(Perm Press

低温(Lo Temp

高温(High Temp

洗濯機 washing machine =washer ウォッシャー

洗濯する do the laundry

◆コインランドリー

ラウンドレットlaunderette

ラウンドロマットLaundromat

イギリスではウォッシャテリアwashateria

◆室内で手洗いするもの

水着

ラッシュガード

下着

デリケート素材

◆洗濯して室内干しするもの

おしゃれ着、ちぢむと嫌なもの、ワンピースなどのおしゃれ着は日当たりの良い場所にハンガーをかけて干します。

湿気のないハワイ♡

薄手の場合は数時間で乾きます。

◆洗濯と乾燥機を両方回すもの

乾燥機を使うとかなりちぢみます。

子どものラルフローレンの靴下は赤ちゃんサイズにまでちぢみました。。。

息子のハーフパンツはふたまわりくらい縮みキツイと。。しかし伸びますので結果履けました笑

タオル以外は全体的に小さくなっているような気がします。。。。

気のせいかな(°▽°)

いや、気のせいじゃないです!

大事な衣類は乾燥機をかけるとちぢみやすいので強め設定の乾燥機をかけないことをおすすめします。

◆洗濯ものは必ず室内に干す

日本の感覚で、ハワイはお天気もいいし外に干したくなる気持ちも分かりますが、景観上禁止となっています。

しかしながら、コンドミニアムタイプのラナイは洗濯ものを干している方、結構多いですね。

盗難などもありますので絶対に室内で干しましょう。

我が家は洗濯ばさみやプラスチックのハンガー、ひもは必ず持参します。

というか、毎回使うのでスーツケースに入れっぱなしにしています(^o^)

ホテルタイプによっては、ハンガーが外せない場合もありますので何個か自前ハンガーを持っていると役立ちます。

◆室内に洗濯機がない場合【コインランドリー】

25セントを大量に用意します。

洗濯機の使用は朝は比較的混みませんが夜は奪い合いです。

洗濯機が空いているか何度も行く手間があります。

朝は空いていますが洗濯&乾燥まで使うと1時間は拘束されてしまう。朝一で回すか、パパと子どもたちだけ先に出かけるか相談するとよいかもしれません。

◆洗濯する前にご注意ポイント

洗濯機の中に忘れものがないか確認して下さい。

アメリカの洗濯機は縦長なので中が見えづらい!とくに手前の内側に忘れもの多いです。

遠心力が強いのか洗濯ものがへばりついていることがあります。

特に靴下の片方だけ

洗濯槽にコインなどなどの忘れものもありがちです。

経験はありませんが

外人さんは洗濯機でシューズを洗う方もいるようです。

洗濯槽自体が汚れていないかも、ご確認を(°▽°)

◆洗剤&柔軟剤の用意をする

洗剤は洗濯機コーナーにある場合もあるし、ない場合もあります。

我が家はボールドの小分けになっているものを毎回持参します。

洗剤も現地にもたくさんありますが物価の高いハワイ。削れる所は削ります。

◆洗濯機の使い方

25セントを8枚用意します。つまり$2!

お金(コイン)を投入します。

8枚並べて奥にカジャンとなるまで押し込む

⬇️これ子どもたちすきなんです⬇️

洗濯物の量を選択します。

洗濯する時の水を温度を選択します。

洗剤と柔軟剤を投入します。

スタートボタンを押します。

所要時間が表示されます。

所要時間を確認し終わる前に必ず戻ります。

◆乾燥機の使い方

洗った洗濯物を入れる。

25セントを8枚入れる。つまり$2!

洗濯と乾燥で25セント16枚必要です。1回で25セントをかなり使う(´∀`)

乾燥の強さを選ぶ。

乾燥終了時間を確認し取りにいく。

◆洗濯乾燥の注意点

洗濯乾燥が何時に終わるのかを必ず!!忘れずに!!確認しておくこと!!が必要です。

なぜか??

それは洗濯が終わっていたら次の方が勝手に出して次の洗濯乾燥を始めているからです。

出された洗濯乾燥したものは目の付く場所に置いてあったりします。

他人に見られたくない肌着なんかもあります。

わたくし少し遅れて洗濯ものを取りに行ったら、我が家の洗濯ものが全て開けっ広げに出されていた、恥ずかしい思いをしたことがあります。

それ以来、必ず、時間前に戻ります。

また洗濯物を盗まれることも考えられます。

洗濯が30分後に終了予定の場合は25分後に行き待機している方がさまざまなリスク回避できるかもしれません。

乾燥機の強さも選べます。

強ければ強いほど早く乾きますが、ちぢみ率も上がります。

充分をお気をつけ下さいね。

わたくし自慢ではございませんが

何度も衣類のちぢみを経験しています。

笑っちゃうくらいちぢみます。

しかしながらコインランドリーの業務用の乾燥機ふわふわタオルほかほか衣類の手触り

意外と好きなんですよね♡

皆さまも大事な衣類を傷めないようにお気をつけ頂き

お子様の社会勉強の一環としてもコインランドリーデビューしてみてはいかがですか??








家族・子連れ旅行ランキング


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

2件のコメント

  1. こんばんは
    ハワイでの洗濯の仕方分りました
    ってハワイは一度だけ、これから行けるかな、行けないね💦💦
    子供さん達も小さな時から楽しめて良いですね

コメントを残す