ダイヤモンドヘッドと富士山を見て思うこと

こんにちは。れあれあママです。

ハワイと言えばダイヤモンドヘッド日本と言えば富士山

どちらも大好き♡


◆ホテルアウトリガーからのダイヤモンドヘッド


◆マジックアイランドからのダイヤモンドヘッド

力強さを感じるダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドを見るとハワイに来たなと感じます。

個人的には海の中から見上げるダイヤモンドヘッドが好きなんです♡


◆新幹線窓側からの富士山

2020年1月初旬の富士山

少し雲っていましたが幹線窓側から見える景色

新幹線こだまは新富士駅で5分くらいの長い停車時間があります。

窓側のお客様はスマホでパシリとしている方多かったです。

四季で色々な表情を見せる富士山♡


◆ホテルオークラにて


◆2020年富士山展

ヒトによって立場によって

そして、育った環境によって

見え方や感じ方が違う


◆みんなちがって、みんないい

「 私と小鳥と鈴と 」
      金子みすゞ

   私が両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが
   飛べる小鳥は私のやうに、
   地面を速くは走れない。
   私がからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴は私のやうに
   たくさんな唄は知らないよ。
   鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。

金子みすず(大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人)

1903年4月11日-1930年3月10日。山口の生まれ。10代半ばから詩を作り、同県下関市に移り住んだ20歳ごろから雑誌に詩を投稿するようになる。26歳で自ら命を絶った。代表作は「私と小鳥と鈴と」「大漁」「こだまでしょうか」など。

自然とともに生き、小さな命を慈しむ思い、命なきものへの優しいまなざしが、金子みすゞの詩集の原点と言われる。


2020年も引き続きよろしくお願いします。





にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村


家族・子連れ旅行ランキング

6件のコメント

  1. こんばんは
    ダイヤモンドヘッドは、一度しか見ていませんが
    富士山は、何度か見てますし一度は、下の方へは登った事が、バスですが
    金子みすずのこの詩は、あまりに有名ね

    • ダイヤモンドヘッドや。は私は麓あたりにしか行ったことないです。金子みすずさんは私の好きな詩人さんです。

  2. ハーイ、ハワイの健太です。富士山とダイアモンドヘッド、どちらも素敵ですね!ハワイ在住の健太は、ダイアモンドヘッド様と呼んでいて、時々お願い事をします。50お願い事をして1〜2叶います、、笑。

    • コメントありがとうございます😊ダイヤモンドヘッドには毎回パワー頂いてますよ❗️たくさん願いが叶うこと信じてます。

コメントを残す