映画AI崩壊を観てAIに考える

こんにちは。れあれあママです。

2月平日、久しぶりのお休みだったのでかねてより気になっていた映画を見に行ってきました。

平日の朝が早い我が家は、主人と子どもを早々に送り出し、簡単掃除と洗濯を済ませて。。


◆新宿バルト9へ!!

本日は久しぶりの登場、ペンペンカップルも一緒です♡

平日の午前中もあって、館内は閑散としていました(^^)

ひとまず、コーヒーを注文し、ペンペンカップルとともにスクリーン2へGO!!


◆次回映画も横目でチェックしながら

春休みのドラえもん鑑賞は、確定しています笑

スクリーン2内もがらがらでリラックスして鑑賞することができました。

気になっていた映画はこちら!!


◆映画『AI崩壊』を観る

大沢たかおさん♡

好きな俳優さんです。

大沢たかお×AI×医療で

一気に見たくなりました。


◆映画『AI崩壊』解説

『SRサイタマノラッパー』『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江悠監督の完全オリジナル脚本によるSFサスペンス。

2030年、医療や金融、セキュリティ、交通など生活のインフラをAIが支える近未来の日本を舞台に、AIが暴走し日本中に起こるパニックを描く。

映画ナタリーより

◆あらすじ

天才科学者の桐生浩介(大沢たかお)が亡き妻・望(松嶋菜々子)の治療のために開発した医療AI<のぞみ>は、医療の枠を越えて、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など全国民の個人情報を管理する役割を果たすまでになった。

日本社会に欠かせない存在となった医療AI<のぞみ>が、ある日突然、暴走を始めた。

日本中がパニックに陥いるなか、医療AI<のぞみ>を暴走させたテロリストと断定されたのは開発者・桐生浩介だった。

誰が医療AI<のぞみ>を暴走させたのか。日本中に張り巡らされたAI捜査網をかいくぐりながら、真犯人を探す桐生の決死の逃亡劇が始まった。


◆AI崩壊主要キャスト

キャストも豪華♡

期待値も高くなりますね。


◆AI崩壊の印象深いセリフ


「七年前、義兄さんは姉さんの回復を心から願い、のぞみを開発した。それなのに、姉さんが救えるという土壇場でのぞみは使わないといった。あれは、なぜなんですか?」


「のぞみは私たちの子どもであり、未来の希望。いつか認可が下りて、のぞみが苦しんでる大勢の人を救ってくれる。だから最初にのぞみにルールを守る大切さをちゃんと教えてあげましょう。それが親としての私たちの役目だと……」

「なぜだ、なぜ撃ったんだ!」

「……百眼が射撃許可を出したからだ」

「ふざけるな! おまえは人間だろ。警察官だろ。AIに人の命を奪うかどうかの選択を預けてんじゃねえよ」

「何が間違いはなかっただ。実際に銃は持ってなかっただろうが。そんなもんあいつらの目を見りゃわかる。いいか、機械に判断を預けるな。人間の目を信じろ。そうしないとこんな悲惨なことが起こるんだ」

「今やのぞみのユーザーは全国民の8割強だ。おまえはその膨大なデータが喉から手が出るほど欲しかった。そのデータを百眼に利用させれば、完全な監視システムが確立される


「桜庭、なぜのぞみに命の選別を学習させた。データを接収するのが目的なら、のぞみを暴走させるだけで十分だったはずだ」

「桐生さん、私の夢はこの世から貧困をなくすことです。そのために命の選別が必要だったのです」


「桐生さん、今の日本は末期的状態だ。労働人口はわずか50%で、政治家は票集めのために年寄りと既得権者を優遇する政策しかとらない。年金制度が崩壊してもまだそんな愚行を続けている。国の宝である子どもたちはないがしろにされ、若者は誰も子どもを産まない。当然だ。今の日本で子育てができるわけがない。おかげで14歳以下の子どもたちは総人口の10%足らずとなっている」


それはのぞみがあの家族写真を見たからです。俺、悟、心、そして望……その家族写真を見てのぞみは元に戻った。思い出の写真を見て本当の自分を取り戻す。これって人間みたいじゃないですか」


◆AIが人間の仕事を奪う!?

この先、人々はAIに仕事を奪われることになるという主張の根拠として、国内外の研究施設から発表された論文があります。イギリスのオックスフォード大学は、近い将来に現在ある仕事の90%は機械(AI)に置き換えられると公表しました。また、野村総合研究所は、この先15年で今ある仕事の49%がなくなるというレポートを発表しています。

参考:株式会社野村総合研究所:『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算~』

AIが得意な分野としては、

  • データに基づいた単純作業
  • データの処理と正確性
  • データを照らし合わせて共通点を見つけること

などがあります。

逆に不得意なものとしては、「計算できないこと」「統計的でないこと」だと言えます。つまり、「クリエイティブ」なことが不得意なのです。そのため、

  • 全く新しいことをする創造的な作業
  • 文章を解釈して問題解決すること
  • 「なんとなく」や「特に理由がない」場合に考え答えを出すことなどはAIが苦手としていることになります。

◆子どもたちに必要なこと

私たちの世代は、詰め込み世代。

詰め込み世代に異論を唱え、一時期

円周率が、なんと3。。。というゆとり世代を経て今は脱ゆとりになっています。

しかし、詰め込みに戻ったかというと、詰め込みでもなく、ゆとりでもなく、アクティブラーニング、プログラミングなど考える系のお勉強に変わってきています。

ものすごくシンプルな例題ですと、

1+1の計算をひたすらしていた私たち。

現在の子どものテストは

1+1の計算式になる文章問題を考えなさいという問題もありました。

算数?国語?教科の枠を超えた問題です。

娘の冬休みの課題ですと、新聞の記事から気になることを3つ選び、それぞれの選んだ理由、自分の意見、考えを文章にするというものもありました。

分からない言葉は、図書館で調べたり、ネットで調べたり。時間と手間のかかる課題。

その課題をさらに広げ、1月からグループワークをし、クラスの友達の意見も聞き、その結果最終的にまとめ直し、最後に発表します。

そういうのが苦手な娘ですので、苦労しています。

もちろん、私も手伝ったり、一緒に悩んだり、考えたりしています。

昔の方が色々と単純でしたので、現代の子どもは、答えのない、答えに挑んでいます。

ただ、時代が変わっても、変わってはいけない価値観もあります。


◆AI崩壊を観ての感想

キャストが豪華だったので、ストーリーが薄くてもいいやと期待していませんでしたが、なかなか見応えのある映画でした。

SF!アクション!逃亡!

逃亡劇はつっこみどころが色々ありましたが^(゚∀゚)

大沢たかおの肉体美にもにやにや(´∀`)

さて、映画の舞台は2030年。これから10年後の近い未来のお話でした。

10年前に、こんなにスマホが普及するとも思っていませんでしたね。

街の到るところ、人間は下を向き画面とばかり向き合ってる。。。画面の先は世界中と繋がっていますが。

10年後の未来は容易に想像はできますし、AIとの共存は、必須だと思います。

ますます私たちの身近になるAI。

日本中に監視カメラがあり、便利になりましたね。各自が持っているスマホのカメラ機能も監視として使えるようになると、さらなる監視社会も可能なようです。

さらに、カメラ内に、人間の全てのデータを集約し選別する。

実用化もできる!できている!?

とききます。

安全とプライバシー、価値観も課題ですね。

我が家は年齢差がある主人。

色々心配なので、スマートウォッチをつけてもらい、血圧、心拍、運動管理もしています。

それが、わたしのスマホにデータが飛び、連動するように設定もしています。

映画は、それらのデータを医療AIのぞみに全て紐付けされた社会でした。

AIを作り出したのが人間ならば、今後はさらに、AIを使う側の人間性、モラルが問われるという問題提起をしてくれる映画でした。

我が家は、子どもにわりと勉強をさせていますが、勉強と同じくらい倫理観も教えていかなくてはならないと思いました。

幸いに、子どもたちの学校は、キリスト教なので、イエス様を象徴として、毎日、祈りからはじまり、祈りで1日が終わります。

何を祈っているのが、分かりかねますが(゚∀゚)

低学年は自己中心的な祈りから、高学年は世界規模な祈りにも発展しているようです。

イエス様は、自分を愛するように人も愛しなさい。

人の痛みは自分の痛み。

聖書にもたくさんの教えが記しています。

子どもの心にも、日々、響いてくれていると信じています。

映画AI崩壊にも

AIはヒトを幸せにするのか。という投げかけが、冒頭と最後にあります。

映画のラストシーン。

記者がこう問いかける


「AIは人を幸せにすることはできますか?」と。


これに対して、最後、主人公は


「その問いはこう置き換えることはできないか?親は子を幸せにできるか。とね。」

我が家も、日々子育てに悩みながらも、いつも子どもの幸せを願っています。

各々が観て、色々と考えてほしい映画でした。

おすすめです。


◆関連リンク

http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/


家族・子連れ旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村






家族・子連れ旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

3件のコメント

  1. ’のぞみ`が登場したので新幹線が暴走したのかと思いましたよ(゚∀゚)映画は、ここ暫く観てないですが楽しまれた様ですね。確かにAIの登場で人間の仕事が奪われる場合もありますが人間が開発して活用する訳ですから上手く使いこなす必要ありですね。くれぐれも悪用だけはしないで欲しいです_(._.)_

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください