ハワイ定番スポットホノルル動物園の攻略法

こんにちは。れあれあママです。

今回は、ハワイの定番スポット、ホノルル動物園についてご紹介します。

ハワイ子連れでは必ず押さえておきたい場所の一つです。


◆ホノルル動物園アクセス

ホノルル動物園は、ワイキキトロリー、レアレアトロリー、ザ・バスでも行けます。

ワイキキトロリーで行く場合は、停留所④番もしくは、⑤番で下車後、徒歩10分で行ける子連れ定番スポットです。

携帯が使える場合は、携帯地図アプリで調べながら行くと迷わずにすぐに行けます。


まずは、動物園の入り口で、チケット購入します。

手数料が取られますが、クレジットカードも使用できます。

動物園の中は、日陰が少ないので、日焼け防止対策、水分補給対策は必ず用意して下さいね☆

小腹が空いた時にすぐに食べられるように軽食、補食があるとなお良いです。


◆ホノルル動物園内様子

大きな象ガメがいます。動かないときは全く移動していないのですが、活動しているときは意外と動きが早くてびっくり!!!

行きと帰りでカメの場所が違っている!!こんなに動いているんだと地味な発見がまた嬉しいのです。


◆ホノルル動物園の準備&対策

ホノルル動物園に行くときの、準備と対策についてお伝えします。

◇準備・対策編

  • 日焼け対策をする
  • 水分を持参する
  • 補食を持参する
  • スボンで行く(特に女の子)
  • ビーチサンダルよりシューズにする
  • 汚れてもよい格好にする
  • 手や汗が拭けるハンドタオルを持っていく
  • 除菌シートを持参する
  • トイレの場所をチェックしておく
  • トイレはまあまあきれい
  • ベビーカーは借りられる
  • 行くなら午前中


◆ホノルル動物園内マップ

動物園内の案内マップです。チケット購入時にも案内マップもらえますので、事前に見たい動物をチェックしておくと良いかもしれません。

時期によっては、お目当ての動物が見られないかもしれません。絶対に見たい動物がいる方はチケット売りで先に確認しておくのも手ですよ。

期待していた動物を見に行って、いませんでした〜。。。(°▽°)と言うことがよくあります。我が家は、動物園の雰囲気が味わえれば充分なので、ぞうがいなくても、トラがいなくても、気をとりなおして、つぎつぎと回りました。

ただ、ぞうにりんごをあげているシーンを見ると、やっぱりテンションが上がりますね。

お昼くらいからは、さらに気温も高くなり、動物園は暑くなってきます。

午後になると、動物園の動物たちはお昼寝タイムになります。動かず寝てばかりいる動物が多いです。

動物園に行くなら午前中をおすすめします。

◆子ども向け動物園KEIKI ZOO

こちらは、KEIKI ZOOです。KEIKIとは子どもという意味です。

いわゆる、子ども用の動物園、ふれあい動物園となっています。入り口も、何だかかわいくてテンションもあがります。


◆日本のこいもいる

日本の”こい”もいます。大きな水槽に、あふれんばかりの大、中、小のこいが泳ぎまくっています。

大きな水槽は、両サイドから、通り抜けられるトンネルになっており、ちょうど真ん中から顔を出せるようになっています。⬆️⬆️

⬆️上の写真はまさに水槽の真ん中から顔を出した二人の写真です。

毎回そうなのですが、トンネルの中からも、こいも見られるので、子どもたちによるこいトンネル渋滞がよく起こっています。

こいのコーナーは、特に人気なので、混み具合をによってはKEIKIZOO内をどんどん先に進んだ方がいい時もあります。

子ども動物園、ふれあい動物園を一通り回ったら、入り口から入ってきた場所が、出口になります。

つまり、こいコーナーはもう一度通りますので、機会を見て再チャレンジすることが可能です。タイミングを見てもう一度チャレンジするのもいいかもしれません^_^


◆ヤギとふれあいコーナー

ヤギとのふれあいコーナーもあります。ヤギの首輪には名前が書いてあります。不思議なネーミングもあるかもしれません^_^


◆牛についてお勉強


◆休憩がてらシェイブアイス【かき氷】を食べる

休憩する場所もあります。かき氷やジュース、お菓子も売っています。


◆遊べる屋外スペースもある

遊具は毎回子どもたちに人気です。大勢の子どもたちでにぎわっていました。


◆至る所に動物オブジェもある

◇ゾウ

◇カバ

◇イルカ

◇アニマル柄タイル

◇巨大パネル


◆ホノルル動物園のお土産売り場について

入り口入ってすぐのところに、お土産売り場があります。我が家の子どもたちは、毎回、動物を見る前に一番最初にお土産売り場に行ってしまいます。

こちらか、お土産売り場です。⬇️

店内は明るく広くて、かわいいお土産がたくさんあります。

入り口すぐの所にたくさんぬいぐるみ達が飾ってあるのです。

なんとなく、わたくしの勝手なイメージなんですが、アメリカのぬいぐるみはかわいくないイメージがあるのですが(すみません汗)ここは別格です。

とにかく、どれも、かわいい!かわいい!かわいいのです♡♡♡♡♡

お土産売り場のぬいぐるみ達、Tシャツやトレーナー、水筒などは、毎回、少しずつ新しいものに変わっていたりします。私自身も、ついつい色々チェックしてしまいます。

値段はしっかり、しっかりお高めなんです!笑笑

しかし、一部のトイは、動物園の動物達のためだったり、恵まれない子どもたちのための募金に回されているようです。

同じお金を払うのだったならば、必要とする誰かのために使って頂けるといいですね。

買いたいとせがむ子どもたちを説得し、帰りにまた寄ろうね!といってから動物園がスタートします。

毎回1個ずつ、我が家にホノルル・ズーのぬいぐるみたちがやってきます😊⬇️⬇️


◆我が家のぬいぐるみたちのご紹介

キリン♡ゾウ♡ペンギン♡ウミガメ♡どれもかわいいでしょ(´∀`)


◆動物と触れ合った後は除菌

KEIKI ZOO、子ども動物園は、動物と直接たくさんふれあうことができます。

その分、動物からの菌もたくさん体に付着することになります。

KEIKI ZOOゾーンを出るとき、ハンドソープが置いてありますので、しっかり、しっかり手を洗って下さいね。

KEIKI ZOO出入口に、ハンドソープとハンドペーパーが置いてあります。

ハンドソープだけで心配な方は、自分が持ち歩いている除菌シートや除菌ジェルで清潔にして下さい。

動物園からホテルにすぐに帰る場合は、靴の裏もきれいしておくとよいかもしれません。

我が家は、滞在ホテルの部屋の床はきれいに使いたいので、靴の裏もきれいにしてからホテルに戻ります。

ご参考にして下さいね^_^

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村


家族・子連れ旅行ランキング





4件のコメント

  1. ホノルル動物園は
    規模が実は思ったより大きいですよ!
    その中に水族館があったら、もっともっと楽しい一日になれるかもしれません。

    • そうですね!水族館あるといいんですが、歩いて5分くらいのところに水族館もあるので、まあ我慢してますよ

  2. ハワイは何度か行きましたが、ホノルル動物園は今まで時間あれば行こうかなくらいで、
    結局行ってませんでした。
    子供も手がかからなくなってきたので、
    来月ハワイに行く際は行ってみようと思います。

    • 来月行かれるんですね🌴うらやましいです❗️ワイキキ 中心地から歩いてもいけますが、トロリー乗りながら近くのバス停までビーチ見ながらいくとよいかもです。動物園は広くて、動物の種類もパンダとコアラはいないけど、それ以外はいるのでお子様も喜ぶかと。
      時間あれば近くの水族館も寄るのがおすすめです❗️

コメントを残す