【子連れ旅行】ハワイ機内優先搭乗のすすめ

こんにちは。れあれあママです。

すふ今回は、子ども連れには、機内優先案内、優先搭乗をすすめるワケを詳しくご紹介します。


◆子連れ優先搭乗のすすめ

空間を制するものはフライトの快適時間を制します。

とくに小さな子ども連れで飛行機に乗る場合は機内優先搭乗を強くおすすめします!


◆早めに搭乗口へ

まず搭乗ゲートには搭乗時刻開始の30分以上前に到着しましょう。

搭乗ゲート付近には充電無料サービスやwifiサービスがあります。

無料で使えるもの、アプリのダウンロードなど地上でしか設定できるものは早めに着いた時間でやりましょう。


◆子連れ搭乗案内

搭乗時刻が近くなりましたら、搭乗ゲートからアナウンスがありますのでよくよく聞いて下さい。

◆海外の空港では

海外の空港で多いのですが、ギリギリまで搭乗ゲートが開かない、搭乗ゲート自体が変更になる場合もあります。

搭乗ゲートの変更がないか、搭乗時刻の変更がないか、モニターでも確認しておきましょう。

◆親の余裕のある行動に安心する

子ども連れは予定より早めにゲートに到着し急な変更にもすぐに対応できるように準備しておきましょう。

親があわてていると手荷物を忘れたり、子どもが転んだりするなど予期しないアクシデントがあります。

また、ママが不安になったり焦ったりするとそのマイナス感情が子どもが伝わります。

必ず!!

ママに余裕があり、にこにこ笑顔だと子どもも安心します。

パパもニコニコママだと安心ですよね。


◆機内優先案内のアナウンスの順番

まず始めに、車イスやお手伝いが必要な方から案内されます。

次に、妊娠中の方、2歳以下の子ども連れの方が案内されます。


◆ベビーカーはいつ預ける?

ベビーカーは、飛行機に乗るギリギリまで使用できます。

つまり、スーツケースと一緒に搭乗手続きで預けなくていいんです。

搭乗する、まさに飛行機に乗る直前まで利用しホノルル到着時飛行機を降りたすぐのところに広げてスタンバイしてくれるサービスもあります。

ベビーカーをギリギリまで使いたい方、荷物として預けたい方など色々なタイプのご家庭がいらっしゃるかと思います。

以下、ベビーカー預かりパターンをご紹介します。


◆ベビーカー預かり3パターン


①出発空港のチェックインカウンターでベビーカーを預け、到着空港の荷物受け取りのターンテーブルで受け取る


②出発空港の搭乗口までベビーカーを利用し、搭乗時にベビーカーを預け、到着空港の荷物受け取りターンテーブルで受け取る


③出発空港の搭乗口までベビーカーを利用し、搭乗時にベビーカーを預け、到着時に飛行機のドア付近で受け取る


➡️我が家は③パターンでちょこちょこお世話になりました

車イス、歩行器の方も飛行機出口でスタンバイしてくださっています。

本当に助かりますよね。


◆飛行機降りてすぐベビーカー使えると

飛行機降りてすぐベビーカー使えると大変便利です。

ベビーカーあるとハワイに到着してすぐの子どもを少しでも寝かせられるからです。

日本からホノルル到着時は朝ですが日本時間ですと夜中です。。。

まだまだ子どもは眠いです。眠いとぐずります。。

到着空港内は入国審査手続きまで意外と歩きます。

子どもをずっと抱っこだと疲れます。

ママも、パパも、時差ボケと機内の緊張状態による寝不足でお疲れ気味ですよね。

ターンテーブルで荷物を引き出すとき、抱っこですと赤ちゃんに荷物をぶつけても大変です。

抱っこのままだと、荷物を引き出すときにふんばれなかったりもしますよね。。


◆ベビーカー預かりの注意点

ベビーカーお預けの際は、念のためベビーカーの中には何もいれておかないようにしておきましょう。

ベビーカーの中に入れていたものが壊れたりなくなったりすることもあります。。。

また、自分たちが忘れてしまっていた小さいおもちゃやタオルおしりふきなどもいれっぱなしにしているものがありませんか??

お気をつけください。


◆機内優先搭乗のすすめ

◆なぜ必要か???

  • 自分の座席場所、トイレの場所など確認できる
  • 座席上、荷物スペースの自分な好きな場所に荷物をおける
  • 荷物が入らない場合は、空いている所に分散していれなければならない
  • 隣、前後の人がいないうちに自分の空間づくり、荷物の出し入れができる
  • 子どもが飛行機の中に慣れる
  • トイレの中をチェックできる
  • オムツシートを確認できる
  • 気温チェックができる
  • 寒い場合は、洋服の調整ができる
  • 寒い場合は、ブランケットを追加でお願いできる
  • 靴からスリッパにはきかえる
  • CAに、頼み事がしやすい
  • モニターの動作確認、リモコンの確認、座席のリクライニング、バシネットの確認、携帯wifi設定などができる

◆シート上の荷物置き場

機内に入ってからの荷物の出し入れや身の回りの環境作りがとても重要です。

外国の方は平気で機内に持ち込めるサイズのスーツケースを1人1個持ち歩き、座席上に収納します。

そうすると、後から座席上に荷物を入れたくても大きめの荷物は近くに収納できません。

後から来た方は、荷物を離れた場所に分けて収納しなくてはなりません。。。

飛行機から降りる際はとくに大変で荷物を出すのに時間がかかります。

その結果、飛行機から出ること自体遅くなってしまいます。

せっかくの大事な滞在時間。無駄にしたくないですね。



◆荷物の置き場所

1番前の座席、バシネットが取り付けられる壁がわの下は、保安上座席前の床に荷物が置けないため要注意です。

自分の座席の真下かシート上に必ず収納しなければなりません。

必要なものは、座席真下に収まるサイズのリュックなどに分散して入れておきましょう。

その際、パパも荷物がどこに入っているか必ず確認しておきましょう。


◆機内は意外に暗い

機内はすぐに暗くなります。

赤ちゃんが泣き始めるとママが抱っこしてママは手が離せません。

ママが必要なものをパパがすぐに手伝ってくれるとママと赤ちゃんも安心できます。

反対にパパがもたもたすると、ママはイライラしてしまうかもしれません。。。

赤ちゃん連れや小さな子ども連れのママやパパは、基本的にフライト中はゆっくりできないと思っていた方が良いかと思います。

赤ちゃんが寝てくれたら、ラッキーと思っているくらい方が疲れず良いかもしれません。


◆シートの位置

機内座席に到着が遅くなったら

自分たちが窓がわの席の場合、通路がわの座席にお客様が先に座られている場合があります。

座っている方に声をかけて席を立ってもらう必要があります。

わざわざ立ってもらうには、申し訳ない気持ちになります。。。

ハワイフライトは、だいたい最低8時間。

同じ空間をともに過ごさければなりません。

座席が、お隣、前後になったのも何かのご縁です

お互いに気持ちよく過ごしたいです。


◆まわりに少しの配慮を。。。

赤ちゃん、小さな子どもはどうしても泣いてしまうことがあります。

どんなに夫婦で協力し、事前準備もしっかりしあの手、この手を使ってもダメなときもあります。

そんなこともあるため、先に赤ちゃんがいて騒がしくしてしまうかもしれないと周りの方に申し伝えておくのもトラブルを防ぐ方法のひとつです。

ホノルルフライト便は、ファミリー観光の方が多いのでそこまで神経質にならなくてもよいかもしれません。

しかし機内はさまざまな方がいます。

ビジネスクラスやニューヨーク便などの仕事帰り、疲れて飛行機中で少しでも寝たい方、トランジットで時差を感じている方、体調が悪い方などさまざまな方が乗り合わせています。


◆子どもが小さいうちは、3世代で行こう

残念なことに世の中がみんなが赤ちゃんにやさしいわけではありません。悲しいことに。。。

旅行で、楽しい気分、うかれる気分もちろんあります。

赤ちゃん連れの方、少し配慮できるとお互いに気分が悪くならなくていいですね。

子どもが小さいときは、人手がたくさんあった方が実はママが楽です。

これは経験上間違いありません!!!

思い出もかねて、じいじ、ばあばともいっしょに旅行してもよいかもしれません。


◆機内持ち込み物の注意点

手荷物やスーツケースにつめる持ち物を準備する上で必ず注意しなければならないことがあります。

それは

機内に持ち込みできないアイテム

についてです。

飛行機の機内持ち込み荷物は絶対に持ち込み禁止な物と、持ち込みに制限のある物の

2種類に分かれています。

◆機内禁止のもの

持ち込みが禁止されているのはナイフやはさみに代表される「刃物」、先端の尖った物や凶器に分類される物です。

これらの持ち込みは法律で禁止されており50万円以下の罰金が科される場合もあります。

とくに女性は、エチケット用に、眉用のはさみやカミソリソーイングセットのはさみを持っている場合が考えられます。

どのような大きさでも刃物の持ち込みはできません。

刃物を海外に持っていく場合には必ずスーツケースの中に収納してから荷物の預け入れを行なってください。


◆機内制限品

機内持ち込みはできるものの制限がある物に液体物が挙げられます。

日焼け止めやシャンプー化粧水などといった洗顔用品が該当する場合が多いですね。

液体物の持ち込みには以下のような制限があります。


◆機内持ち込み容器セット

  • 液体物を入れた容器一つにつき、100ミリリットル以内であること
  • 複数の容器がある場合は、1リットル以内の透明なビニール袋(縦横計40センチメートル程度でジッパー付きのものに限る)にまとめること
  • 持ち込みは、1人1袋のみ

手荷物として持ち込む際には、しっかりと確認しておきましょう。


◆まとめ

早めに飛行機の中に入れると、親子共々、時間の余裕があって安心しますね。

事前の準備で

快適な空の旅を実現して下さい^_^

コメントを残す