なぜわたしたちは英語を勉強するのか

0件のコメント

なぜわたしたちは英語を学ぶのでしょうか。

 

テストのため?受験のため?就職のため?海外旅行のため?留学のため?ビジネスのため?理由は人それぞれでしょう。

 

しかし、私たち日本人は中学から英語を習い10年以上ものあいだ勉強をしています。しかし、英語を勉強している割に話せない。英語に自信がない。そのくせ、日本国内において、英語がしゃべれなくてもなんら支障がない。

 

いったいなんのために英語を勉強をしなくてはならないか。実は英語を勉強しなくてもいいのではないか。そう思う方がいるかもしれません。

 

これからの時代は英語くらい話せないとな!

私が中学生の時にもそう言われていました。そして、今も思っています。

 

海外旅行をして英語がしゃべれなくて、もっと英語がしゃべれたらな。。。と思い帰国後に英語の勉強をしてみます。

 

しかし、意志の弱い私たち人間は、ダイエット同じくらい英語を学び続けるのが難しい。だから、ちまたでは、ダイエットや英語に関する商品がやたらにはびこっています。

 

 

なぜ日本人は英語学習が継続できないのか

pexels-photo-3184291
Photo by fauxels on Pexels.com

なぜ私たちは、これほどまでに英語学習を継続できないのか。答えはあきらかです。ずばり、日本国内では英語を必要としないから。つまり、英語を学ぶ理由がないのです。

 

私たちは必要にさしせまられた場合は必死になって取り組みます。しかし、人生に不必要なものは優先順位が低くなってしまう。当たり前ですよね。

 

しかし、アジアの中でも近隣国は考えが違うようです。

 

韓国では英語ができなければ生きていけないということから国策として英語教育が重視され、中国でも英語が使える人口が急速に増えています。同じことが東南アジア諸国についてもいえます。「英語はできて当たり前」という状況が現実のものになってきているのは間違いないと思います。世界中の人が英語を使うということは、英語は多文化共生の手段であるということです。慶應義塾大学環境情報学部兼大学院政策メディア研究科 名誉教授田中茂範

それでは、島国日本では英語は学ばなくてもいいのか。英語が必要な方だけ学べばよいのか。私は、まったくそう思いません。なぜならを英語を話すことで、人生がより豊かなものになるから。

 

人生がより豊かになものになる??ちょっと抽象的ですかね。それでは、具体的にご紹介していきます。

 

日本人が英語を勉強する必要があるワケ

pexels-photo-2877338
Photo by Ravi Kant on Pexels.com

誰かの手でゆがめられた情報に惑わされない

英語の書籍、論文、サイト、動画からダイレクトに情報を得ることができます。現在もネット回線があれば世界中とつながれる。日本に入ってきていない情報をいち早くゲット、英語のまま理解できます。ツイッターやインスタなど原文のまま理解できる。つまり、誰かの心情が一切入っていない、誰かの手でゆがめられた情報ではなくフレッシュな情報を自分で解釈できる。

また、そもそもの得られる情報量が格段にあがるということ。皆さんご存じのとおり、インターネット上で使われている主要言語は英語ですよね。以下、言語ランキングがまとまったものをご紹介します。

Top 10 Internet Languages

 

10) Chinese

 

According to data gathered by Statista, as of 2018 the tenth most common language among web users is Chinese, with 1.8 percent. What is interesting about this statistic is that Chinese is the most spoken language in the world with 1,1284 million speakers. Despite this fact, there are still nine other languages that are used more frequently online.

9) Persian

 

Next on the list of the most commonly used languages by internet surfers is Persian, with 1.9 percent.

8) Italian

 

With 2.5 percent of users searching for content in Italian, the Italian language is eighth on our list.

7) Portuguese

 

Portuguese may seem like a bit of a dark horse in the race for the most users of a language on the Internet, but it manages to come in seventh, with a whopping 2.8 percent.

6) Japanese

 

The Japanese language claims 3.8 percent of online searches.

5) French

 

French commands 4.1 percent of internet users, making it the fifth most common language.

4) Spanish

 

Spanish — also one of the top three languages spoken in the world — just misses out on a top-three spot here with 5.1 percent.

3) Russian

 

As recently as 2015, Russian was not included in the top 5 internet languages. However, recent increases in the number of searches being preformed in Russian along with an uptick in the number of pages being translated into Russian, now see this language in the number 3 spot with 6.1 percent.

2) German

 

You may be surprised to see German in the second position here, after all, it is not one of the top 10 most spoken languages. However, when it comes to the internet, German is a powerful force with 6.3 percent of users selecting it as their language of choice.

1) English

 

English still retains the number one spot in the most commonly used languages among internet users, with a commanding 52.9 percent.

原文をGoogleの自動翻訳を使って翻訳してみました。便利ですね。

google翻訳を使用

トップ10インターネット言語

10)中国語

Statistaが収集したデータによると、2018年現在、ウェブユーザーの間で10番目に多い言語は中国語で、1.8%です。この統計で興味深いのは、中国語が11億2400万人の話者を抱える世界で最も話されている言語であることです。この事実にもかかわらず、オンラインでより頻繁に使用される他の9つの言語がまだあります。

9)ペルシャ語

次にインターネットサーファーが最も一般的に使用する言語のリストのペルシア語は1.9%です。

8)イタリア語

ユーザーの2.5%がイタリア語でコンテンツを検索しているため、イタリア語はリストの8番目です。

7)ポルトガル語

ポルトガル語は、インターネット上の言語のほとんどのユーザーにとって、競争の中で少し暗い馬のように見えるかもしれませんが、なんと2.8%で、なんとか7番目に来ています。

6)日本人

日本語によると、オンライン検索の3.8%を占めています。

5)フランス語

フランス語はインターネットユーザーの4.1%を占め、5番目に一般的な言語となっています。

4)スペイン語

スペイン語は、世界で話されている上位3言語の1つでもあり、5.1%でここの上位3位を逃しています。

3)ロシア語

最近2015年、ロシア語はインターネットの上位5言語に含まれていませんでした。しかし、最近ロシア語で行われる検索数の増加と、ロシア語に翻訳されているページ数の増加により、この言語は6.1%で第3位になりました。

2)ドイツ語

ドイツ語がここで2番目の位置になっていることに驚かれるかもしれませんが、結局のところ、それは上位10言語の1つではありません。ただし、インターネットに関しては、ドイツ語は強力な勢力であり、ユーザーの6.3%が選択言語としてドイツ語を選択しています。

1)英語

英語は依然として、インターネットユーザーの間で最も一般的に使用される言語でナンバー1のスポットを保持しており、52.9%を占めています。

メンタリストのDAIGOさんは海外の文献からわかりやすく発信してくれていますよね。

 

 

生涯年収が変わる

英語ができると仕事の選択肢が増え、働く場所を自分で選択できます。

株式会社キャリアインデックスは2016年、1,000人の働く男女を対象に語学力を年収についての調査。その結果、年収700万円以上の人の48.7%が英語での日常会話や読み書きができるレベルであることが判明。さらに年収が500万円から700万円未満の人においては34%、500万円未満の人は22.4%と、英語力を有している人ほど年収が高いという相関が見られた。

Google、Amazon、IBMやAppleなどの外資系企業はあっとい的に年収が高いことで有名ですよね。国内の大企業においてもTOEICの結果+スピーキング力、交渉力が高さが、昇給、昇進、諸手当の条件となり、収入アップにつながります。

 

 

自分自身や日本について深く考えるようになる

英会話レッスンを受けていて、『why』とよく聞かれることがあります。例えば、なんで旅行が好きなんだろう、なんでニューヨークに住みたいんだろう。聞かれてもなぜ好きなのか、なぜ行きたいのか正直わからないことがあります。日本人同士はなぜ??ということはあまり聞きません。『そうだよね。』と共感することのほうが多いかもしれません。

英語学習をすることで普段からwhyと自分に問いかけ、自分の心のうちを整理することができます。そして、英語という言語でシンプルに伝えることができます。

 

 

自動翻訳機能は進化するが完璧な翻訳はできない

さいごに、自動翻訳機能についてです。google翻訳機など自動で翻訳してくれる機能が圧倒的に増えました。以前は、めちゃくちゃな翻訳になるものもずいぶん進化しています。

しかし、みなさんご存じの通り英語の語順はS(主語)、V(動詞)、O(目的語)となり、日本語はS(主語)、O(目的語)、V(動詞)となります。最後の最後にV(動詞)が出てくる。最後までよく聞かないと、結論が変わってしまう。自動翻訳の場合は、動詞を聞く前に訳さなくてはならない。つまり、動詞を予測しながら翻訳している。そこが、難しさです。

自動翻訳は補助的な役割は果たしてくれます。しかし、友人関係やビジネス関係において日常会話すらもできない間柄ではどう思いますか。どう感じますか。あなたなら、機械をつかって話してくる相手に本音で話せますか?答えはNOです。つまり、表面的な付き合いしかできないということ。

さらに、あなたが言いたいことがどう翻訳されているか、セルフチェックできるレベルの英語力は必要です。自動翻訳機のまま伝え、実は自分の意図することと違っていた。そうなればトラブルのもとになります。さらに、間違いすらにも気づかない場合は完全にアウトです。

 

 

 

まとめ

pexels-photo-256807
Photo by Pixabay on Pexels.com

英語を学ぶ目的は人それぞれ違うと思います。しかし、たとえ完璧な英語でなくとも、一生懸命に英語を話す姿勢、それこそが信頼につながります。繰り返すことで語学は確実に伸びます。

 

英語は、コミュニケーションのツールなのです。お互いを理解するツールなのです。学ぶ理由はそこにあります。

 

挨拶ひとつでも、機械を通して時差のある会話よりは、相手の目をみてにっこりと微笑み話すあなた。信頼される方はどちらかはいうまでもありませんね。

 

英語習得には時間がかかりますし、そのわりに忘れることが早い。しかし、自動翻訳機のいうままにあなたの心情を伝えたくはありませんよね。

 

✅おすすめオンライン英会話について体験談を交えてお話しします

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。