【ハワイくじら倶楽部】タイムシェアリセール定価700万が190万になる

タイムシェアの売却を考えている方、もしくは、タイムシェアを安く購入したいと考えている方向けの記事です。

タイムシェアのリセールとは??

タイムシェアをリセールで購入すると、ヒルトンやマリオットなどのリゾート会社から直接購入よりも、うそみたいな安い価格で購入できます。私たちもタイムシェア購入を検討しているのですが、リセールで購入しよう考えています。

 

リセールタイムシェアの購入方法について、リゾート会社経由にした場合をご紹介します。また、メリット・デメリットをご紹介します。

まずはこちらから。

タイムシェアのリゾート直接購入とリセールの違いとは?

タイムシェアを手に入れるにはリゾート直接購入とリセール購入のつ二つの手段があります。

 

購入経路

  • リゾート直接購入
  • リセール購入

 

リゾート直接購入

リゾート会社【ヒルトンやマリオットやディズニーやウィンダムなど】から直接購入すること。わかりやすく言うと、タイムシェアのホテルで開催する説明会に参加して、購入するケース。

 

リセール購入

誰かが所有している物件を仲介不動産を通して購入するということ。

 

タイムシェアのリセール購入でも、直接購入した方達とほぼ同じ権利を持つことができる

 

仲介不動産とは『くじら倶楽部』が有名!!

ご存じない方もいるかもしれませんが、リセール物件は、使う部屋も直接購入の方達と全く同じもの。オーナーの諸事情で所有していたハワイのタイムシェアを売りに出されたもの。もちろん直接購入の物件より古いというわけではありません。日本の中古マンション物件とは違いますよ。

リセール物件価格は、直販物件価格と比較しておよそ50%前後安くなっていて、とてもお買い得な価格で求められます。

反対に売る場合は、半額以上で買いたたかれてしまう、もしくは売却できない状態でいるということになります。

2019年、我が家は、リセール販売物件で有名なくじら倶楽部の説明会に参加して確認しました。

ヒルトン、マリオット、ウィンダムのタイムシェア説明会に参加しましたので、それそれの価格はだいたい把握できていました。

なので、くじら倶楽部のオフィスでリセール価格を聞いたときは信じられませんでした。うそみたいな安い価格に事故物価かな?ワケありかな?と疑ってしまいました。

そして、あのタイムシェア説明会会場で契約しなかったと、心の底からよかったと思いました。

 

安さのひみつは、売り手と買い手の需給関係によって価格が決まる
 

 

 

リセール物件の価格は、自分で好きな価格で売り出しできるのです。早く売りたい方は、安く、そこそこ利益を求めている方は高めに出品しています。売り出し時に、他のリセール出品者の価格一覧を見ながら、調整できるのです。

 

リゾート直接購入とリセール購入で利用上不利になることがあるのか?

 

一部のリゾート会社では、リセールで購入されたタイムシェアに対して、タイムシェアの利用権利をホテルポイントへ移行する特典を認めない等の制約を設けて、直販物件と特典待遇差を設けています。

これ以外は、リセールと直接購入とほとんど変わりなく、不動産としての相続や将来売却することもできます。

使い方次第では、その利点をフルに活用して、グレードの高いお部屋で快適なバケーションを楽しむことができます。具体的に何が違うのか、主なリゾートごとに説明します。

 

タイムシェアのリゾート直販とリセールの違い

リセールヒルトン
  • エリートステータスになれない、昇格しない
  • アップグレード制度による下取り不可
  • クラブポイント14000以上でエリートステータス
  • アップグレード制度の買換え時に下取り可能

 

 

リセールマリオット・ウェスティン
  • ポイントのホテル(リワードポイント)宿泊交換不可
  • 2016年から始まったディスティネーションポイントと呼ばれるポイント制ではない
  • インターバルインターナショナルの使用は可能

 

リセールディスティネーションポイントディズニー
  • ディズニー・ホテル、クルーズへの交換利用不可
  • ディズニーオリジナルの14箇所のタイムシェア施設の利用が可能
  • メンバーカードが発行されない
  • お土産店などのメンバーディスカウント対象外
  • 滞在時のパーキングが有料
  • 2019年1月19日以降にオープンした新しいタイムシェアリゾートの利用不可

 

リセールウィンダム
  • VIPメンバーになれない、昇格しない
  • リワードポイントへの移行ができない
  • VIPメンバーにより各種特典あり

 

 

上記くらべてお分かりかと思いますが、そんなにリセール購入で買っても利用上のサービスは変わらない。

あなたは、リセール物件のオーナーです!!と首からプレートをぶら下げていような、誰にでも分かるわけではないのでご安心くださいね。

 

リセールで買った場合、売主さんの管理費やローン未払いを請求されないか?

  • 回答は問題ないとの説明

 

 

エスクローとは何??

エスクローとは日本での司法書士のような機関が間に入るので、移転登記まで進行管理をしてくれるそうです。「エスクロー」は契約どおりに売買が成されているか確認して、売買されるタイムシェアにローンや管理費の未払いがないかの確認をリゾート会社に行います。「エスクロー」が各種未払いがないか確認をしますので、新しいオーナー様が請求されることは全くありませんので安心してください。

以上が、タイムシェアのリゾート直接購入とリセールの違いです。直接購入でもリセール購入でも高価なお買い物には変わりがありません。

リゾート会社の説明会で即決して契約せずに、リセール物件と比較しながらよくよくご検討なさってくださいね。

 

 

リセール価格はやっぱり安い

 

リセール価格!なんとなんと定価の約1/3以下の価格。

  • ウィンダムとヒルトンのリセール価格は1/3
  • アウラニ はディズニーのブランドイメージがあるためリセール価格は1/2

 

だいたい、ざっくりこんなイメージでよいかと思います。

 

我が家もくじら倶楽部に行ってきました

 

個別セミナー開始

2019年、3週間ハワイ滞在中にくじら倶楽部に行ってきました。また、同年12月26日、くじら倶楽部中山社長が急遽日本に来る御用事があり、主人宛にお誘いのメールが来ました。

品川プリンスで雑談を交えながら個別セミナー開始。個別セミナーを2回目受けました。

私たちが狙っているウィンダムタイムシェア。ヒルトンとの違いを交えながらレクチャー。

レポート用紙を使いながら、書き書きしながら分かりやすく説明をして頂き夫婦で疑問点を解決していく。

 

2019年リセールウィンダムの価格

 

我が家は、4人家族のため、多めに毎年350000ポイントくらいほしい。。。

今、2019年12月末現在の相場はなんとなんとなんと定価700万円(°▽°)

wow!やっぱりお高い。。。物件の価格だけです。これにもろもろ一生かかってきます。我が家は、この価格では絶対に絶対に買いません。というか、買えません。。。

しかし、2019年ウィンダムリセール価格は、1ドル110円で計算すると、リセール価格でなんとなんと定価190万円(^○^)

 

いかがですか??安いですよね。

 

 

物件価格以外のかかるもの
  • 登記代
  • 税務登録番号申請費用
  • パスポート認証費用
  • 手数料+消費税
 

これが、最初にかかる費用。それ以外に、物件を所有しているかぎり一生かかる費用が以下です。

年間管理費
  • 350000ポイント×0.06=$2100
  • 月々に計算すると$175【ウィンダムは一括払いではないので19250円】
  • クレジットカード使用可
 

 

リセール価格の見積書も作成

まとめ

今回は、タイムシェアの購入者目線で記事を書いています。タイムシェアはおしゃれで気楽に購入できるような雰囲気がありますが、れっきとした海外の不動産。買うとき以上に、売る時は大変なこともわかってきました。

くじら倶楽部では、タイムシェアを売りたい方も応援しています。オーナーさんが日本にいても売買できるそうです。買いたいとき、売りたいとき、気楽にご相談して下さいね。

 

✅こちらも合わせて読みたい【タイムシェア】失敗する??ヒルトンタイムシェアの説明会に参加してみた

【公式HP】タイムシェアリセール専門店くじら倶楽部

 

 
 
 
Author: lealeabin
ハワイ大好きママがお届けするHappy便りです。皆さんがHappyなるような願いを込めて、ハワイ語でlealea『れあれあ』とネーミングしてみました♡子連れハワイでの体験談、失敗談についての記事も多数あります。れあれあ便をどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す