【お得に宿泊】別荘が使えるバケーションレンタルとは???

今回は、コンドミニアムなどを借りて長期でハワイに滞在するバケーションレンタルについてご紹介をします。

バケーションレンタルとは?から、ホテルとの違いやお得な利用方法を詳しく解説していきます。

バケーションレンタルとは

バケーションレンタルは、オーナーが所有している別荘を、オーナーが使用していない期間、その別荘を安く借りるシステムのこと。欧米ではホテルと同じくらい一般的な宿泊方法です。

貸し出したいオーナーが直接物件を貸し出しているケースもあります。しかし、やりとりは基本的に英語であるため、私たち日本人は、管理会社を経由して物件を借りるケースがほとんどです。しかも、webサイトから簡単に、まるでホテルをwebから予約するような感覚で宿泊できるのです。

宿泊価格は人数単位ではなく物件単位での設定。ホテルよりも大きな部屋に駐車場代も無料ついている物件が多く、グループで滞在すれば一人あたりの宿泊費はさらに安くお得に。大きなフルキッチン付き、BBQ付きで、自炊もでき、食費も節約できるのが大きな魅力なのです。大人数であるほどコストパフォーマンスが良く、大人数の女子会や家族旅行で人気を集めているバケーションレンタル。

予約サイトや代行業者は日本語に対応。初めてのバケーションレンタルでも安心です。現地に暮らすように宿泊を楽しむことができるのが、バケーションレンタルの最大のメリットです。

ここまでの話で、バケーションレンタルって最高!!!と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ホテルはホテルの、バケーションレンタルにはバケーションレンタルのメリットがあるように、実は、バケーションレンタルのもデメリットがあります。

人によっては、デメリットと感じないこともあるかもしれませんが、ホテルとの違いを絡めてデメリットとしてご紹介したいと思います。

バケーションレンタルのデメリット

 

  • バケーションレンタルはオーナーの別荘やホテルの部屋を一時的に借りるスタイル
  • 傷付けたり、壊したりした場合は保証しなかければならないこともある
  • サービスコンシェルジュは基本的にいない
  • 一泊当たりの宿泊料のほかに保証金やクリーニング費などの追加料金がかかることがある
  • 予約の場合は必ず宿泊費以外の合計金額も確認する
  • バケーションレンタルはツアー旅行ではないので、宿泊先まで直接自分で行く、もしくは自分で鍵を取りに行く
  • ホテルのようなルームクリーニングはなし
  • ホテルのように新聞は届かない
  • 長期滞在の場合は自分で掃除をする(ほうきや掃除機、アイロンは置いてあることが多い)
  • ホテルのようなアメニティではなし
  • ホテルのような水、氷、その他食材は一切なし
  • フォークやスプーン、皿や鍋、包丁などのキッチン道具は一通りある
  • トイレットペーパーなどの消耗品がなくなったら自分で買いに行く
  • 一泊当たりの宿泊料のほかに保証金やクリーニング費がかかることがある
  • 予約の場合は必ず宿泊費以外の合計金額も確認する
  • サービスコンシェルジュは基本的にいない
  • アメニティやトイレットペーパーが必要な場合、現地のスーパーやコンビニに買いに行く
  • テレビがつかない、電気がつかない、虫が出ても基本的に自分たちでなんとかする(緊急コールはある)

 

 

バケーションレンタルの一覧

プレミアムバケーションレンタルさんから引用しています。ほんの一部です。

 

タイムシェアもレンタルできる

以下、くじら倶楽部さんから引用しています。

くじら倶楽部

ハワイのタイムシェア・リセール専門会社の「くじら倶楽部」が所有及び管理しているタイムシェア物件をレンタルしています。

くじら倶楽部が所有している物件のみのレンタルですので安心・安全!

タイムシェア棟は、リビングルーム・キッチン・洗濯乾燥機等(※ホテルにより設備は違います)が備え付けられており大変お勧めで人気のあるお部屋となっています。

タイムシェアレンタルをご希望の方は、お気軽にくじら倶楽部へお問い合わせください。

最低3泊から予約可能です。
メールアドレスwaikiki@kujiraclub.com

宿泊税について

チェックアウト時にリゾート会社へ宿泊税を直接お支払いいただくこととなります。 宿泊税は$10-$35/1泊ほどです。 お部屋の広さにより異なります。

日程リクエストについて

宿泊期間の短縮はできますが、延長はできません。短縮した場合も料金は変わりません。  3泊以上で日程リクエストも承ります。

ご希望ホテルとチェックイン・アウト日、ご宿泊人数、眺望・部屋タイプをお知らせ下さい。 お見積もりいたします。

 

以下、ほんの一部です。

【ヒルトン】ラグーンタワー by HGVC   

チェックイン 2020年11月28日土曜日-チェックアウト 2020年12月5日土曜日(7泊)
部屋タイプ  1BR
眺望:Ocean View
宿泊人数  4名まで
料金: $2200

 

【ウィンダム】ワイキキビーチウォーク

チェックイン 2020年8月22日土曜日-チェックアウト 2020年8月29日土曜日(7泊)
部屋タイプ  1BR Deluxe Lower Level
宿泊人数  4名まで
料金: $2300

 

【ウィンダム】ロイヤルガーデン

リクエスト受付中。3泊から予約可。

 

【Marriott Vacation Club】
マリオットコオリナビーチクラブ

チェックイン 2020年8月21日金曜日-チェックアウト 2020年8月28日金曜日(7泊)
部屋タイプ  Studio
眺望:Mountain View
宿泊人数  4名
料金: $1500

 

アウラニ ディズニーバケーションクラブ コオリナ

チェックイン 2020年8月27日木曜日-チェックアウト 2020年8月30日日曜日(3泊)
部屋タイプ  Deluxe Studio
眺望:Standard View
宿泊人数  4名
料金: $1420

 

 

まとめ

バケーションレンタルはあくまでも、オーダーメイドの旅スタイルです。だからこそ、ツアー旅行でかゆいところまで手の届くサービスと引き換えに、安く暮らすように泊まるというメリットと、なんでも自分たちでするというデメリットが共存しています。

 

我が家は、バケレン生活を楽しんでおります。みなさまもいかがですか。おすすめです。

こちらも合わせて読みたい【タイムシェア】失敗する??ヒルトンタイムシェアの説明会に参加してみた

 

 


家族・子連れ旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

Author: lealeabin
ハワイ大好きママがお届けするHappy便りです。皆さんがHappyなるような願いを込めて、ハワイ語でlealea『れあれあ』とネーミングしてみました♡子連れハワイでの体験談、失敗談についての記事も多数あります。れあれあ便をどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す