怪しい竹花貴騎の実態についてお答えします

2020年6月3月、竹花貴騎さんは出身地である東村山市に1億1円の寄付を行った。しかしながら、竹花貴騎と検索すると、『怪しい』、『逮捕』などブラックなキーワードも出てきます。

これらのことも踏まえて、竹花貴騎について一つずつクリアにしていきたいと思います。なかり長文ですが、最後までお読みいただくと竹花貴騎の実態についてお分かりいただけるかと思います。

 

まず簡単にプロフィールからご紹介していきます。

 

竹花貴騎のプロフィール

【公式】ホームページ

株式会社Lim 顧問

株式会社LimGlobal 顧問

Lim Asia Inc. CEO

株式会社LimJapan CTO

Marketing Data Solution Limited 顧問

株式会社LimConsulting 代表

Marketing Data Solution Pte,Ltd. CEO

Lim Asset Management Pte,Ltd COO

Lim Property Management Pte,Ltd CEO

Lim Luxury Property Management Pte,Ltd. CEO

23歳で東証一部上場グループ海外拠点の最年少COOとして東南アジアを中心に世界で活躍した後、一部上場企業の戦略室にて勤務。2017年にSNS分析及びSNSマーケティング会社Limを設立し完全独立。2018中旬にアジア展開のため本社機能を香港に移転し世界6カ国に7社、350名にて事業を展開。2020年にLim主要事業をネイバーテック社に売却後、現在資産運用会社、投資ファンド、システム開発会社など7社のグローバル企業の経営に携わる。

 

家族構成

祖母

父親:自営業

母親:アメリカに住んでいたことがある

:留学経験がある【韓国】

:留学経験がある【メキシコに1年】

以前YouTube動画内でお姉さんとはめちゃめちゃ仲が悪いと言っています。しかし、お姉さんに何かあったときは全力で助けるともおっしゃっています。

竹花本人

出身地:東村山市出身

小学校:公立

中学校:メキシコ留学

高校:上海留学

大学:ハワイ大学

現在:中国語を勉強中、ハーバードビジネススクール【HBS MBA】受講中、MBAの最難関

ハーバードビジネススクールについてはこちら

幼少期から、ご自宅では、交換留学生の受け入れをやっていて、自宅には、白人や、黒人、中国人や韓国人、他国籍の受け入れを行っていた。それが自然だった。現在も世界中に、お義兄ちゃんがいるといいます。

竹花さん自身は、『中学生の時にメキシコへ、高校で上海に行かされた』と表現しています。

本人曰く、竹花家の決まり事になっていて、行き先は、国際交流団体によって指定されていたそうです。

中学生の男の子をメキシコへ行かせるのは親としても勇気がいったことでしょう。

竹花さんも、最初はいやいやだった、しばらくはホームシックだったともおっしゃっています。しかし、ホストマザーのことを受け入れたり、サッカーでコミュニケーションを図りながら、少しづつですが適応していったようです。

いやいやながらも、留学経験を経て

  • 英語が自在に話せるようになったこと
  • メキシコ留学という人と違う経験したこと

 

この経験がその後の彼の人生を大きく変え、そして、今もメキシコでの経験が彼の礎になっています。

竹花さんが、留学したメキシコ時代は、ドラック戦争と言われるくらい、子どもたちもドラッグに溺れていた。留学当時、道ばたで自分と同じくらいの子どもが裸で死んでいるのをみて衝撃を受けた。そして、外国から日本ということを客観的にみることができるようになったそうです。日本中心の考え方から、世界からの見た日本。つまり、治安の良さだったり平和があるだけで幸せなんだと、そのことを心のそこから実感したそうです。

中学生の男の子が平和があるだけで幸せなんだとは、なかなか実感できないですよね。

 

結婚後のご家族について

妻:かおりさん【インスタは現在新規ブロック中】

静岡県出身。

ラオスに住んでいたことがあり、竹花さんより7歳年上。竹花さんがGoogleに勤めていたときの上司。職場恋愛の末、授かり婚。竹花さんが22歳の時に結婚し、現在、双子と、女の子つまり3児のパパです。子どもは、タイでムエタイを習っている。奥様の宗教上の理由で、子どもたちはへそピアスをしている。

竹花さん自身もタトゥーをいれてる。実は、竹花さんの足には、子供が描いた家族の絵のタトゥーも入っています。

妻のかおりさんと3人に子供たちは、主にタイとハワイに住んでいる。1週間に1度、現地集合ならぬ、現地国を決めて世界中の都市で竹花さんは家族と会っています。

 

竹花貴騎・逮捕の検索結果について

まず、#竹花貴騎 逮捕の検索結果から否定していきます。

これは、2020年4月1日のYouTube動画からきているものだと思われます。勘の良い方ならお分かり頂けると思いますが、これは、エイプリルフールのおふざけYouTube動画です。

わたしも、初めて拝見したときは、『竹花さん捕まったんだ!!!!』と、まんまと引っかかってしまいました。

動画は作りこまれた感じですが、竹花さんのことを『上級国民批判容疑』と表現している部分があったりして、北の方でもあるまいしと、少しおかしいなと思ったところがありました。

 

このことから、#竹花 #逮捕 と検索キーワードに出てくると推察されます。

 

竹花貴騎・怪しいの検索結果について

次に、竹花・怪しいの検索結果について。

竹花さんは、まだ28歳とお若い。しかしながら、開業からわずか3年までに16000クライアントも受注達成され、そのLimグループのCEOでありながら株保有率100%。

 

竹花さんのビジネスのスタートは、仕事終わりに新宿のプログラミングスクールに通い勉強したことから始まります。そして、鎌倉から都内の職場までの片道750円のグリーン車代が、未来への自分への投資と決め、その往復の2時間の間、ずっとパソコンを使ってブログを書いたりプログラミング学習をしていたそうです。

仕事終わりに新宿で勉強して、地元のスタバで23時までやって、帰宅してからも3時まで勉強して、朝7時には会社へ行く。

この事実を知っているのは妻だけだと言います。

 

本業の傍ら副業から始めたビジネス

ある日、竹花さんの職場では、こんなことがありました。竹花さんがチームリーダーをしていた当時の管理者から、『最近、仕事に身が入っていないのではないか』と呼び出しをされます。

仕事は、まったくもってキチンとしていた。

誰よりも朝早く会社に行き、誰よりも早く仕事を終わらせ、誰よりも効率を考えながら行動した結果が、頭のお堅い、年配の上司からしたら、手を抜いていると感じたのかもしれない。

しかしながら、実際の竹花さんのビジネスは本業よりも副業の方が調子よく、当時副業月収は700万円以上だったそうです。

そして、本業に身が入ってないのではないかと言われたときに、こちらの方が副業ですと言ったとか言わなかったとか。

結果として、そのように周りに思われているのだったらという思いと、子どもの将来を考えて本気でビジネスをスタートさせました。

 

自分の子どもたちにいろいろな経験をさせてやりたいと思った時に、目の前にいる上司以上幸せを子どもたちに与えてやれないのならばと決心。

資金300万からスタートした会社は、2020年現在80億円以上までに急成長しています。

 

竹花さんのことをYoutuberと勘違いされている方もいるかもしれませんが、Youtuberは好きで趣味でやっているようです。

YouTubeの収益は、1か月100万円程度で、会社の収益と比較したらお茶代くらいだとも冗談で言っています。

Youtubeは1週間のうち2~3回、1回で4回分以上撮影したりと常に効率を考えて行動されています。

その、竹花さんの効率の極みが、プライベートジェット機やヘリでの移動。世界中を飛び回る竹花さんは、かっこつけではなく、常に自分の1秒の価値を考えながら行動されています。

だから、大げさではなく、かっこつけでもなく、自分の1秒の価値のために、少しの移動時間も無駄にしないために、移動ルートは最短を考えた結果がプライベートジェットとヘリだそうです。

 

そして、あやしいといわれる理由の最大が、オンラインスクールの無料化ではないかと思います。

竹花のオンラインスクールMUP

ちまたでは、オンラインスクールが流行っていますが、そのほとんどは、入り口は無料といいながらも結局は高額な学習教材を売ったり、または使えない教材だったり、はたまた、ねずみ講のようなものが多いとか。

 

しかしながら、竹花さんのオンスクールは無料なんです。

YouTube動画を1本でも見れば竹花さんのすごさがわかるのではないでしょうか。

 

そして、もっと詳しく学びたい方にはうさぎさんクラスは8980円/月、さらにもっともっと学びたい方はのライオンクラスは2300000円/月。

上記価格表に記載された料金以外の隠れた料金などは一切ございません。入学後は、いつでもやめる事が可能です。ゾウクラスへ戻る方法も30秒程度。

 

ちょっと、まって!!!

無料だとはいっておきながら、竹花さんのオンラインスクールも無料ではないか!!!

反論されるかたもいるでしょう。

 

確かに、もっと学びたい方には、無料ではないのですが、その学べる内容が、対費用効果で図れないくらい価値の高い教材となっています。

 

そして、そして、一番ここを強調したいのですが、今回のタイトルにも書きましたが、そのオンラインの収益のすべては寄付されているのです。

え???

竹花さんの懐に入っていないの???

そうなんです。竹花さんはそんなちっちゃい人間じゃないのです。

 

竹花貴騎、1億1円寄付する

2020年6月3日に東村山氏に1億1円寄付をされました。

寄付額、1億円以上です。すごい金額ですよね。

 

稼ぐと節税や脱税に走りそうですか。。。

竹花さんは、もちろん節税しながらも、正しく使ってもらえる場所には、たくさん寄付をしています。

今回の寄付以外の脱税対策に、強制査察が入る前に、毎月1回、自ら税務署を訪問されています。自ら、税務署へ出向き経営状況もさらけ出しているそうです。

 

わざわざ竹花さん自ら税務署へ。

呼ばれてもいないのに、自ら税務署へ。

税務署の方も、毎月来られては。。。ソフトバンクの脱税のようにすっぱ抜けないですよね。

 

今年、竹花さんは、LIMを売却されました。。。30歳までは時代の最先端の経営者でありながら、今後は投資家として極めて行く未来を描いています。

 

それに伴って、今までの優秀な税理士先生から、現在は、国際弁護士、国際税理士のような世界に通用する先生を雇われました。その新しく雇用関係を結んだ先生が、実はもと税務署職員だとか。税の内部の知るエキスパートでかつ世界に通じる先生手に入れた竹花。今後は敵までも!??味方につけ自分の経営を発展させていくのですね。

 

どこまでも、きれきれなんでしょうかね。

 

実は、海外に竹花財団もある

そして、なんと竹花さんは、28歳とお若いながらに海外に財団も作られているのです。

詳しい財団内容はYouTube動画で。

竹花さんは、『魚をあげるよりも、魚を釣る方法を与えるべき』との考えから、竹花財団では地域教育を重視。

教育は投資家として最もブレのない未来への投資。

学びたくても学べない子供たちへ、学びからでた売り上げを彼らの未来のために充てていると。

 

竹花貴騎が危惧する未来

アジア一学ばない日本人

話は、戻りますが、日本人はアジアの中で一番学ばない。

現在、社会人になってからの学びの平均学習時間はいくつだか分かりますか。

あくまでも平均値ですが、この日本でこの数字が表していることをみなさんがそれぞれお考え下さい。

 

1日の学習時間はずばり6分

平均値6分です。

たったの6分間。

おそろしく低い数字ですよね。

 

小学生の子どもたちは、学校の先生から学年×15分以上は勉強して下さいねと言われています。

つまり

1年生であれば1年×15分=15分

2年生であれば2年×15分=30分

6年生であれば6年×15分=90分

 

 

これが最低学習時間です。

 

小学生の子どもですら、このくらいの学習時間を最低限確保してほしいと言われています。しかし、わたしたち社会人はどうでしょう。

社会人になった時点で学びをやめてしまいます。

 

竹花さんは、こう言います。

日本人は会社の中で、会社から学ぼうとするがそれは間違っていると。

会社は、そもそも学校ではない。

つまり、会社は学んだことを使う場所なんだと。

 

その言葉に、完全にロックオンされてしまいました。

 

確かに、会社から教えてもらい、会社に不満を言って、自分自身は本当に会社の利益になっているのでしょうか。

 

その教えてもらっている間も給料が発生している。経営者の立場からしたらなんともぬるい感じがしますよね。

 

竹花さんの会社は、入社前にパソコンでさまざまなタスクが配信され、入社前にそれらをすべてクリアできないと、入社のスタートすら切れないと言います。

 

確かに、毎年同じ説明の繰り返し、最低限の変わらないことってありますよね。入社前に社員に配信し、正解できないと出社すらできないとは。

仕事に対する意気込みもスタート時点から変わってきます。

 

パソコン1台あれば、皆が同じ会場にいて、同じことを聞いている時間と空間が無駄。

そもそも各個人が空いている時間に、リラックスして聞いたり、学んだりするほうが集中できる。分からない部分は繰り返し見たり、分からなかったことを次回に具体的に聞くことができる。

 

しかしながら、わたしたちは、学校の勉強の仕方は分かるが、社会人になってからの学び方を知らない。

 

社会人は学び方を知らない

#『何かを変えたい』

#『でもお金も時間もない』

 

じゃあ、お金も時間もいらない。

社会人のためのビジネススクール。

自分に言い訳ができない環境を竹花さんのつくるMUPで。

 

わたしたちは、学ぼうと思っても質の良い学びを提供してくれる場所は意外と少ない。

現在のほとんどの社会人の学びは、過去に活躍した過去の経営者であり、古びた情報をあたかも現代風にすり替えている場合が多い。

竹花さんは、1年前のビジネスですら古いと言い切ります。

 

だから、20代で、現役の成功している経営者竹花自身が、ビジネススキルを発信し、生の情報をリアルタイムに発信することにこそ意義があると断言します。

 

竹花さんのオンラインスクールの最大の目標は、リストラ時代を生き抜くスキル、多様な選択肢を持てることを手助けすることなのです。

 

好きなことを自分の手できる人生にして欲しいというのが願いなのです。

それが、彼の作った会社Lif is Mine.

LIM.

彼の作った会社の名前。

人生は自分のものに通じますね。

 

 

竹花貴騎の人生観

竹花の考えは、中学時代に過ごしたメキシコ経験が大きいといいます。

人間は平等ではない。

その不平等をいかに埋めるのか。

それは、努力でしかないといいます。

竹花さんは、天才だという方もいるかもしれませんが、誰よりも努力家です。そして、だれよりも自己分析できています。

自分よりもできる人間が休んでいる間に、学習したり、効率よく考えたり。

そうやってでしか、その不平等は埋められないといいます。

 

貧乏の家に生まれたのは、選べない。

しかし、自分が家庭を持って、家族を豊かにさせてやれないのは、紛れもなく、自分の責任であると。

 

その言葉は相当しびれました。

 

そして、竹花は、一人の会社員としての経験もあり、事業家、投資家、そして、3児の父親、Youtuber(これは趣味だと)も経験もある。

それぞれの目線に立って悩みを想像することも、理解することもできます。だから、このオンラインスクールはこれほどまでに急成長していることが分かりますね。

2020年7月24日現在

うさぎさんクラス18093人

ぞうさんクラス44352人

 

 

まとめ

竹花さんは、まったくもって怪しくないのがお分かり頂けたでしょうか。むしろ、今ノリに乗っている経営者ですし、誰よりも日本の若者の将来を考えているお方です。

そして、生まれ育った東村山市に1億1円を寄付した思い。それは、生まれ育った故郷への恩返しの意味もある。

そして、あえて半端なきりの悪い数字にした意味。それは、今回の寄付だけで完結させないという意味。つまり、これから日本を作る未来の子どもたちのために継続していく支援の現れなのです。

寄付による教育投資も、将来帰ってくる長期的な投資とも考えておられます。

未来の賢い若者に投資をしていくことこそが、日本のみならず世界の成長につながることを誰よりも知っているのが竹花貴騎さんなのです。

これからも、目が離せない竹花貴騎(たけはな たかき)さん。名前を憶えておいて損はないですよ。今後も竹花さんの情報発信をしていきます。

 

✅合わせて読みたい!!なぜわたしたちは英語を勉強するのか

 

 


家族・子連れ旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

iso

疲れているあなたへ

Author: lealeabin
ハワイ大好きママがお届けするHappy便りです。皆さんがHappyなるような願いを込めて、ハワイ語でlealea『れあれあ』とネーミングしてみました♡子連れハワイでの体験談、失敗談についての記事も多数あります。れあれあ便をどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す